読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

学びはタイミングが命

幼児教育について、幼稚園の先生をしている友達に相談したところ、

「子供は必ずひらがなや数字に興味を持つときがくるから、その時にタイミング良く教えてあげればものっすごいスピードで吸収するよ。逆に興味がない時に無理やり座らせて教えても辛い思いをさせるだけ」

と教えてもらいました。

幼児教室や、お勉強系の幼稚園に入れてお任せするのは楽だけど、子供の観察を怠けずに、我が子にあったタイミングで教育することは、きっと今後も大切になってくることだと思いました。

 

そして、これは大人にも言えることだと感じています。

私は、理系の科目が好きな学生でした。(リケジョとは言いたくない)

対して政治経済は苦手で、ニュースを見てもうわべの理解しかできていませんでした。

姉は経営コンサルの仕事をしていたこともあ経済には強いようで、わからない事があれば隣の姉に聞く方が早かったのです。

ところがいま、子供が生まれ社会との繋がりもきったり切れなかったりの今、経済の勉強を始めています。

きっかけは、株式投資を始めようかと思い始めたことにあります。

株式投資に、社会経済の影響をかんがえるのは不要というバフェットの言葉も学びましたが、株を見るということは、会社を見ることであり、その会社を成果物、顧客を見ることになります。

ゆくゆくは、日本で何が起こっているのか、これから何が起ころうとしているのか。

また、日本を知るためには、世界を知る必要も出てくるのです。

これが、社会の授業であれば途方もない話に、ウンザリし、テスト範囲ばかり気にする事態となりますが、今はあたまがスポンジのように、どんな本も面白く読めてしまいます。

 

今、読んでいる本は、少し古い本ですがこんな本です。

 

日経新聞を人間ドラマに例えて、専業主婦でもとっ

 

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊

 

 


つきやすく書かれた本書のおかげで、さらに経済への勉強の意欲が湧いてきます。

 

生きていて、知らなくても大丈夫なことはたくさんあります。

でも、知っていることで、人生が充実することは溢れるほどたくさんあります。

それって、とてもワクワクすることですよね。

学校と違って、何を学ぶかは自分で取捨選択し好きなレベルまで学ぶ事ができる。

とっても贅沢なことのように感じています。

 

できることなら、我が子にもこんな風に学んでいってもらいたいところです。

 

 

休むことの大切さ

保育園の通園日が週3から週2に変わったことと、GW明けの反動で、早くも疲れがたまっています。。

 

妊娠9ヶ月ということもあるかと思いますが、疲れやすく息子にもイライラしがち

 

そこで、保育園の日以外はさせていなかった、お昼寝を導入することにしました。

昨日も今日もお昼寝に付き合ってくれている息子に感謝です。

日中は活動的に動きたいと思ってしまうと、寝始めは2時から3時の間

起きるのは4時半くらいになってしまいますが、なるべくお昼寝後も散歩をしたり、遊ばせれば21時にベッドに行けるスケジュールです。

 

お昼寝をすると、体も心もスッキリして、グズる息子に忍耐強く接することができるし、まだ1ヶ月続く妊娠生活も無事に過ごせそうな気がします。

 

休むことは怠けることじゃなくて、体を労わること。

 

こうでないといけないと、決めつけずに緩く生活する大切さを再認識しています。

株は怖くない

たぶん、そろそろ株を始めてみようと思っています。

 

というのも、最近オススメされていた『インベスターZ』を読んだことと、1番大きいのは身近な主人が投資を始めたことがきっかけです。

 

主人は転職の時に、良い条件で採用してもらえた為、逆に給料が頭打ちでなかなか昇給しないことに頭を抱えていました。

それだったら、昇給分自分で稼いじゃえと思った様です。年間、数万円であれば決して投資として高い目標ではない為、ストレスなく投資ができるとのこと。

実際、目標値が高くない分楽しく投資ができていて、株価が動かないGWはウズウズしていました。

フランスの大統領選を受けて株価も上がってきている様ですし。

 

そんな姿を見ていると、銀行にお金を預けっぱなしにしておくことって、ただの怠慢か、お金に無頓着なだけなことに気がついたのです。

というか、数年前から勝間氏などが言っていましたが、その時は、理屈はわかるけど株はよくわからなくて怖いし、ギャンブルみたいでやだよ〜と思ってました。

そう思ってる日本人ってすごく多いと思います。

インベスターZにも日本の投資家が増えないと日本は先細りだという内容がありました。

株の運用が日本の会社や社会を育てるなんて発想はなくて、ただの小遣い稼ぎだと思っていたので目から鱗でした。

 

まだまだ株についてわからないことは多いいですが、身近にすぐに聞ける人が出来たので、近々始めてみるつもりです。

なんとなく興味がある人は『インベスターZ』オススメします。

今はKindleでセール中です!!!

 

インベスターZ(1)

 

 

本屋さんが好き!

小さい頃から週末父と出かけるときは、決まって本屋さんか図書館には必ず連れて行ってもらっていました。

オモチャなどはなかなか買ってもらえませんでしたが、本は欲しいと言えば必ず買ってもらっていたように記憶しています。

学生になって1人で出かける事が増えても、定期的に本屋には足を運んでいました。

良く出かけていた街には大きな本屋さんがいくつもあり、用途によって使い分けていた気がします。

 

とくに好きな本屋さんは、足を踏み入れただけでワクワクさせられていいました。

 

ただ単に同じ系統の本や新刊を陳列しているのではなく、テーマごとに陳列してあったり、「この本面白そう!」と思ったらその横にはもっと気になる本があって、周りを見ると世界が広がっていくような錯覚に陥らせてくれるところでした。この本たちを全部読む事ができて、吸収する事ができたら私の人生はどんな素晴らしいものになるんだろうと、可能性にワクワクしながら1、2時間は本屋にいたような気がします。

 

今日は、久しぶりの子供がいない何にもない一日。

午前中はライター業務をしていましたがお昼ご飯を食べて満腹になるとだらけモード。

マズイ、このままでは緩みきった生活が始まるだけだ。。。

そう思い、車で15分ほどの最近できたTSUTAYAと提携した本屋『草叢』に足を伸ばしてみました。

 

初めての本屋さんは、本の陳列の仕方などが自分の好みとあわなかったり、本の探し方に手間取りますが、今日は時間があるのでゆっくり本屋さんと向き合う事ができました。

 

結局最近気になっている株式投資の勉強中に出会ったバフェット様の本(漫画インベスターzを読んでから、様付けしてしまう)と、ライフネット生命会長著の『本物の教養』を買いました。

バフェット様の本は、古いので古本で見つける事ができてラッキーでした。

 

本屋の中にあるスタバでゆっくり読んでいると、ダラけていた精神がミキミキと鋭くなっていき、ぷっつりと切れてしまった私と社会との繋がりをつなげてくれます。

 

日本で生きている以上、会社に勤めていなくても社会を知っていたい、勉強をしていたいと感じています。でなければ、怠け虫が途端に私の脳を支配して1年2年があっという間に経過してしまうのです。

育児だけでも十分に大変な事ですが、私は怠け者なので育児も怠けてだらけてしまう。

だらける余地がないくらいのタスクを自分にあてがわないとならない人間なのです。

育児だけを一生懸命できたらいいんでしょうけどね。。。

 

というわけで、本屋のおかげで怠け虫を撃退できたというお話でした。

 

 

 

今日からフリーライターに戻ります

GW終わりましたね

 

家族のおかげで、楽しみながらもゆっくり過ごすことができました。

いよいよ妊娠9ヶ月です。

 

4月は本業(医薬品臨床試験受託会社のモニターアシスタント)が忙しく、全くライターの仕事に手が回りませんでしたが、4月末日をもって退社となった為、GW明けの本日より、フリーライターを再び開業する所存です。

 

一応妊婦なので、無理はできませんので、とりあえず今月は2万程稼ぐのが目標です。

 

今日からの私の生活は、週2回、子供を保育園(非定型保育)に預けている間をメインにライターのお仕事をさせていただこうと思っっています。

今日も9時に保育園に預けて、今はマックでこのブログを書いています。

受験勉強の時もそうでしたが、やはり家は誘惑が多いうえ、気持ちを切り替えにくい為、カフェなど外の方が仕事や勉強が捗ります。

このマックは、お昼頃になると、子連れのママたちで大騒ぎになるのですが、朝マックの時間帯は比較的落ち着いていて、仕事をしている人もいたりと、仕事にはうってつけと以前から目をつけていいました。

 

というわけで、週2日のライター日のスケジュールは当面こんな感じ

 

7;00〜7;30   起床

8;00                朝ごはん

8;00〜9;00   着替えや掃除(洗濯は夜のうちに終えているので、掃除機や朝の洗い物など)

9;00                保育園に送る

9;30                マックで仕事開始(2時間集中)

11;30              お昼ご飯

12;00              仕事の続きか移動

午後〜16;00   好きなことをする 

                          *本屋巡り

                          *読書

                          *映画鑑賞

                          *美術館巡り

                          *昼寝

16;00              夕ご飯の買い出しなどをしてから保育園のお迎え

                         (基本的には、週末1週間分の買い物を済ませているが足りないものなど)

16;30             保育園へお迎え帰宅

17;00             夕ご飯を30分程度で作って食べる 。その感息子は一人遊びか教育テレビ

18;00              片付けてお風呂(お風呂洗いは主人が朝やってくれているのでスイッチを押すだけ)

19;00             大人;TV&スマホでニューーすチェック

                         息子;一人遊び

20;00             パパ帰宅か、歯磨きして寝る準備

20;30             寝かしつけ

21;00             ゆっくりTVタイム    主人とその日の報告をしたり(OR残りの仕事を片付ける)

23;00             ベッドにはいり少しスマホをいじって24;00には就寝

 

という具合にしようかと思っています。

保育園に行っている時間以外は、普段と変わりありません。

一人遊びができる息子と、協力的な主人に感謝です。

 

子持ちママが

フリーライターとしてノマドワークできるのおか、今後もしこうさくごが続きそうですが、長い人生なので楽しんであれこれ考えながらやっていきたいと思います

 

 

                          

 

贅沢な住居が、あなたを幸せにしてくれるわけではないと思う

あなたは、どんな時に幸せだと感じますか

または、満足感が得られますか。

 

子供ができ、様々な主婦たちと話をすることが増えました。

生まれも育ちも違うので、価値観も異なり、なかなか面白い考察を得ることができます。

 

専業主婦に特に見られる傾向ですが、幸福感や満足感は1日を楽しみ過ごすことの多い『住居』に左右されることが多い様子。

 

私は、幼少期父がかなり羽振りが良く不動産を数個所有していたようですが、バブルがはじけて、価格ががくっと下がりローン地獄を経験し、住居を所有することにトラウマを持っています。

一生賃貸でもよかったのですが、旦那には旦那の考えがあり、現在名古屋にマンションを購入し住んでいます。賃貸よりは低価格で質の良いマンションに住まわせてもらえていて、有り難く贅沢をさせてもらっているなという状況です。

 

ですが、それで幸福感に満たされているかといえばそうではありません。

旦那さんに感謝こそしていますが、その理由はこの家ではありません。

 

埼玉に住んでいた時は、築10年のUR賃貸に住んでいました。駅近ではありましたが、シンプルな水まわりで、室内の老朽感も若干感じる物件でした。しかし日当たりがかなり良く間取りもシンプルで使いやすかったため、お友達もよく招待していて、大好きなお家でした。

贅沢な住居ではなかったけど、そこには気持ちの良い日差しと風と笑顔がありました。

どんなお家でも、丁寧に住み、物を整理することを常に心がければ、その住居に幸福感が溢れると思うのです。

 

心地のいい家は、そこに住む家族が幸せなんじゃないかな、、と結婚当初姉と話していたことがあります。

姉は当時高級タワーマンションに住んでいましたが、今は埼玉の郊外の広い庭付きの一軒家に住んでいます。どちらの家も居心地がいい家でした。

 

話はもどりますが、いろんな主婦の人と話していると、住む家のランクや、住むエリアにこだわっている人が多いいんです。

私は、住む場所においては流行り廃りがあるので、地盤がしっかりしてるとか災害に強いならまだしも、住む場所にこだわることは無意味だと感じています。利便性や安全性のみでよし。

家のランクにこだわるのも、上には上があるわけで、不毛なことだなと思ってしまいます。

 

それより、身分相応の家賃の家に住み、生活や貯金にお金を使いたい。

 

その方が住んでいる家族の幸福感が増し、居心地の良い家が完成すると思うのです。

 

 

欲しいものより、必要なものを

暖かくなってきて、そろそろ衣替え&第二子を迎える準備を始めたいなと思い、週末はニトリ

 

午前中は、子供の洋服の整理を

姉からたくさんの子供服のお下がりが回ってきたので、第二子の洋服を買うのは下着くらいで良さそうです。

小さくなり汚れてきた上の子の服は容赦なく捨てられました

 

子供服の引き出しも、一段空にできてスッキリ

 

ニトリでは、増えて溢れてきたプラレールをしまえる入れ物を探しに行きました。

 

その他には、

・カラトリーの買い足し

・塩とお砂糖入れを新しいものに

 

旦那はザ・オモチャ箱を選んでいたけど、いつか使えなくなった時に、他の用途にも使えるようにと、オモチャ箱はNG

ローテーブルの下に隠せるくらいの高さのランドリーボックスを買いました

ローテーブルと同じ白色にしたので、多少見えてしまっても、スッキリしています。

子供も片付けしやすくなって喜んでいるし、溢れていたプラレールをしまっただけで、部屋が広く見える!

 

こうして週末は、やりたいと思ってたことの8割が片付いて、本当にすっきりサッパリ!

掃除や整理って疲れるものだと思ってたけど、自らの欲求により自発的に行うことで、ストレス発散になるんですね

学生時代の私に教えてあげたいです。

 

この週末はたくさん買い物しましたが、全て「欲しいものより必要なもの」でした。

独身時代は、欲しいものを優先的に買ってしまい、結果月末には必要なものが買えなくなり、今よりずっと自由になるお金が多かったはずなのに困窮していることが多かった気がします。

 

欲しいものを買うことにより、自分へのご褒美としたり、ストレス発散と言っていましたが、実際は買っただけで満足してしまったり、最悪罪悪感を感じる羽目になってしまったり、成功した買い物ってあんまりなかった気がします。

 

結婚して、旦那さんの給料で買い物するようになって(私の給料があるときは、全て貯金します)気軽にお金を使うことに気が引けて、欲しいものよりも、必要なものを買うことに意識するようになりました。

最初は難しかったのですが、今では無意識にできている気がします。

 

必要なものを買った余りを欲しいものにあてるのではなく、欲しいものは年に数回だけ本当に欲しいものを買うようにしています。

 

欲しいものを買った後より、必要なものを漏れなく買えた時の充足感は、欲しいものを買えた時よりも大きいと感じています。