転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

生活レベルが上がっても自分を甘やかさない事

私は、パートタイマーでほぼ専業主婦みたいなものなので、旦那さんの稼ぎで生活レベルがほぼ決まります。

 

結婚して初めて住んだお家より、今のお家は私にとっては贅沢なものばかりです。

床暖房、浄水器常設の蛇口、食洗機付きのキッチン、生ゴミを処理してくれるディスポーザー、ゲストルーム付きのマンション、、、、

最初に住んだ家には、何一つありませんでした。でもとっても満足できる生活でした。

今は贅沢をさせてもらっています。

これを普通にしてしうのがとても怖いです。

転勤族なので、これから引っ越しは何度もあると思いますし、このご時世給料を維持するだけでも大変なこと。へたしたら下がりかねません。

 

贅沢品は贅沢なものであると自覚しておくこと。決して普通だと思わず、感謝して使うこと。

収入が上がっても、なるべく生活レベルは上げずに自分にとって最低限必要なものだけをありがたく使うこと。

それが私の今後も幸せに生きていくための信条です。

 

 

32歳にして喘息と確定診断 パルミコートを処方される

先日の呼吸器科かの処方が効き、日中の咳もかなり改善され、夜もっしっかり眠れるようになりましたが、実は3日前から明け方4時半〜5時頃発作的な咳で飛び起きていました。

日中の痰絡んだ咳とは違う空咳で、とめどなく出てくるため若干呼吸困難気味になります。

一度起きて、温かい飲み物を飲んで落ち着かせて再び寝るということをしていました。

 

明け方の発作は嫌な予感がしたので、今日呼吸器科を再受診。

喘息と診断されました。

厳密には現在の診断名は咳喘息ですが、症状は気管支喘息と同じとのこと。

 

今まで花粉症を含めたアレルギー疾患とは縁の遠い事が自慢だったのに、まさか自分が30を過ぎて喘息になるなんて、、、、かなりショックでした。

 

また、親が喘息であると子供も喘息になりやすい体質であると知っていたのでそれも心配です。

 

調べて見ると、妊娠中に喘息になったひとは他にもいるようです。

風邪などがきっかけで気管が敏感になり咳喘息を発症する事が多いみたいです。

逆に妊娠をきっかけに喘息症状が改善する人もいるよう。不思議です。

 

とにかく、喘息発作は、低酸素状態になり赤ちゃんにも酸素が適切に送れない状態を引き起こしてしまうそうなので、医師の指示に従い、しっかり薬を使って経過を見る事が私にできる事だと思います。

 

咳喘息を治療せずに放置すると、喘息に移行してしまうため、長引く咳には適切な処置が必要であると学びました。我慢&自己判断しない事が大切です!

咳の結論

最近咳ネタが続いておりますが、お許しください。

 

やっと咳症状が収束に向かっています。長かった、、、

ですが、今朝も突然発作のような咳に呼吸困難になりかけ、咳の恐ろしさをタイムリーに痛感しています。

 

それでは、私が身をもって学んだ咳対策をご紹介します。

医学的根拠はありませんのであしからず

 

咳をしたからには、痰をだせ!

少し汚い話ですが、、、

咳は悪いものを体外に出そうとしている現象なので、痰がある場合、出してしまわない限り咳はまた発生します。

痰を出すまでの大きく深い咳をしなくてはいけませんが、その方が早く咳を抑えることができます。

 

咳をした後は温める

痰を出すための咳をすると、大体喉がイガイガしてるか、荒れています。

また、咳が次の咳を呼ぶと言うように、痰がなくなってもまだ咳を出したくなっているかもしれません。

そんな時は温かい飲み物を飲めばテキメンに喉が落ち着きます。少し含めるだけでも違います。

 

オススメはハチミツいりの紅茶

紅茶でなくてもいいのですが、ハチミツは喉にとても良いので、ハチミツ入りの温かい飲み物を飲みましょう。保温性のあるタンブラーに入れて持ち歩いたり、寝るときも枕元に置いておくと夜の発作の時も安心です。

 

鼻水を根こそぎかむ

鼻と喉は繋がっているので、喉に違和感がある時は、鼻水が喉に降りてきている可能性があります。

咳があるし、鼻も詰まっている人は可能性が高いです。

しっかり鼻が通るまで根こそぎ鼻をかむだけで、喉がスッキリします。

 

喉がかゆい感じがする時はショック療法もあり

痰が原因ではなさそうで、なんだか喉が痒い時もありますよね

喉を刺激することは、基本的に良くありませんが、炭酸水を飲むとそれが刺激になり喉の痒みが取れることがあります。

私は喉のショック療法と言っています。

 

マスクは必須。マスクの内側にヴィックスベポラップを塗る

マスクは携帯できる加湿器です。症状も緩和できるし、マナーの為にも必需品です。

私は寝るときに、マスクの内側にヴィックスベポラップを塗ると鼻も通りやすく、鼻も通ると言うことは、気管も広がるのかな?という勝手な思いで塗って実際楽になっています。

 

のど飴の舐めすぎに注意

トローチならいいのですが、のど飴は甘いので、舐めすぎると喉が乾き逆効果です。

のど飴を舐めるより、温かい飲み物をチビチビ飲む方が効果的です。

 

咳は我慢しないで、思いっきり少ない数する

ただ、ちょっとした刺激で咳が出るようになってしまった場合、放置すると平気で1ヶ月以上続いたりするので、しっかり咳止めを処方してもらい飲みましょう。

 

咳は体力を消耗するので良く休んで

腹筋が痛くなる人も多いですが、思った以上に体力が消耗するもの。

ベッドで寝ると咳が出やすいのであれば、ソファなど、楽な場所で体を休めます。

 

周りへの配慮も忘れないで

咳をしている本人が1番辛いのですが、周りも少なからず不快な思いをしている人がいるかもしれません。

マスクはもちろん、タオルで口を押さえて音を抑えたり、配慮も大切です。

 

苦しんでいる方が、いち早く咳から解放されますように

 

 

 

病院の選び方 私の場合

今回の咳の症状では2軒目で私に合ったクリニックを見つけることができました。

割と早い方だと思います。

ひどいと三軒まわっても、治らないこともあります、、、

 

以前、製薬会社で病院に営業に行っていたり、治験の会社で働いていたので、私なりの病院の選び方を紹介します。

 

受診する科を選ぶ

ここがスタート地点になります。

ただ、何が原因で今の症状が出ているかの素人には分かりづらいものです。風邪の症状で実はガンだったということもよくあります。

私のオススメは、いつも診てくれている信頼できる内科にまずは受診することです。

今までの経過も診てくれているので、ちょっとした変化に気づいてくれる可能性もありますし、自分が信頼してる先生であれば、症状を説明しやすいということもあります。

ちゃんとした先生であれば、症状を診て、必要であれば他の科を紹介してくれます。

 

受診すべき科が決まったら

ホームページを見てみます。

だいたい先生の経歴が載っているので、有名な大学出身とかというよりも、ちゃんと勉強したか、実績のある先生かを見ます。

まれに、医学部を出てすぐに親の開業医を継いだような人もいます。それが悪いとはいいませんが、専門的な病院で長く勤められた人の方が、色んな治療法を学んでいる可能性は高いです。

そこで見るところは、

  • 専門医であるか
  • 学会に所属しているか

は最低限見ます。

ただ診療科を増やすために、専門医でも無いのに看板に科名をたくさん書いているクリニックがあるので注意です。

 

院内と設備

院内が最低限清潔か、検査機材などが揃っているか確認します。

必要な検査ができなくて、確定診断できなかったり、検査を外注に出してすぐに結果がわからなかったりすると、時間の無駄になってしまうので、、、

 

 

という感じで、受診するところを決めますが、先生との相性もあるので、すぐにここだ!と思えるクリニックはなかなか無いものですよね。

基本的には家の近くが1番いいんですが、納得がいくまで探しておくと、いざという時かなり助かると思います。

咳の経過 その2

一昨日、内科の受診により咳が良くなってきたと書きましたが、間違いでした。

夜になると、発作のような咳が立て続けにでて、全く寝れず、家族の安眠まで妨害する始末。

横になると余計ひどくなるので、ソファで一夜を明かすことニ晩。

 

体力的にも限界を感じてきたので、今度は、呼吸器内科を受診してきました。

呼吸器内科は、喘息の人などが良く受診されているとと思います。私は喘息やアレルギーなどは無縁だったので、縁遠い科でしたが、日々喘息を診ている先生なら、喘息か否かの診断は的確であろうと思いました。

 

診察後、呼気NOというものを検査し、咳喘息の疑いと診断されました。

とにかく夜眠れないことが辛いと訴えると、妊婦でも大丈夫な薬を、咳止め痰切り、寝る前に飲める喘息の薬など、4種類だしてもらいました。

ちなみに肺炎の心配は無いので、抗生剤は不要とのことでした。

咳喘息は、風邪やアレルギーなどをきっかけに起こる咳が止まらなくなる症状で、放置すると本当の喘息に移行してしまうため、しっかり治療が必要なのだそう。

私も呼気NOで気管が炎症を起こしていることがわかったので、ただの咳風邪というより、咳喘息を疑われたんですね。

 

薬をしっかり飲み、昨日はちゃんとベッドで寝れました。

一回咳が出ると喉が敏感になり止まらなくなるので、一度起き上がり、温かいお茶を飲んで寝たほうが、咳を我慢するより楽でした。

しっかり寝れたのは久しぶりなので本当に嬉しかったです。

 

重度の喘息で呼吸困難で亡くなる方がたまにいらっしゃいますが、軽度の喘息でも一度発症するとこんなに苦しいんだから、重度の人は本当に辛いだろうと学びました。

薬に頼りたく無いという考えももちろん理解できますが、体が休まらなければ自身の免疫力は下がるばかりで病気と闘うことはできません。

しっかり眠れる、しっかり食べられることを維持するために薬を使うことは必要であると感じました。

咳の経過

先日妊婦の咳の辛さについて書きましたが、その後の経過をご報告します。

 

依然咳は続いており、声もおかしいです。

咳だけが残ってしまったようです。

発症してから、夜はほとんど寝れておらず、昨日も2時までは咳で起きていました。

 

咳症状の緩和の方法は、1番効果的なのは、横にならないことかもしれません。

横になると(特に仰向け)気管が狭くなり、咳が出やすくなります。

暖かい飲み物を飲めば広がりますが、寝ている時にこまめに暖かいものなんて飲めないですよね。

私は飲み過ぎて3回もトイレに行きました。

 

そこで1番楽なのは座って寝ることかなと思います。

 

私は子供がいるので、そばを離れられず、眠過ぎで意識を失うまで、スマホをいじりながらやり過ごしました。

深い眠りに入ると咳も出ません。

 

ただ、睡眠時間が短くなっても、短い時間で深く眠っているのか、朝はスッキリしている気がします。そう思い込んでいるだけかもしれませんが。

自分の体の逞しさを信じてあげたいと思います。

産後はもっと眠れなくなりますし、、、

 

夜中ののど飴も虫歯の原因になりかねませんので、本当に夜眠れず辛い方は、座りながら寝るか、気道が狭くならないように枕の高さを工夫するだけでもだいぶ違うと思います。

 

ご参考までに

夫婦として成長を感じた瞬間

土日は仕事モードがオフなので、ブログネタもプライベートな内容になってしまいます。。。

 

子供も寝て、夫婦で特に会話もなくTVを見ていた時に、夫婦として変わったなと感じた瞬間がありました。

キムタクのALIFEというドラマを見ていたのですが、お母さんのオペを心配そうに待つ男の子のシーンを見ながら、旦那に「私が緊急帝王切開になった時も心配だった?」と言ったら、「急いでいろんなとこに連絡しまくってたから、それどころじゃなかった」と言われました。

以前の私だったら、ひどい!もっと心配してよ!と怒るところでしたが、

その冷血的な回答に、旦那らしいなと、1人納得してまう自分がいました。

 

実際は、オペに行く前は、心配そうにしてくれていたのを覚えているし、術後全然動けない私を献身的にケアしてくれたことは今でも覚えています。

でもね、言い方がねー。

ほんとこの物言いで、色々損するんだろうなーと考えていたら、私の沈黙に怒っていると勘違いした旦那が、「ほんと急だったから、仕事の連絡とかも立て込んでてさ」とフォローを始めました。

別に怒ってはいなかったけど、面白かったのでほっって起きました。

 

友達の旦那さんはもっと優しいとか、普通だったらこうするべきとか、自分の中の旦那像を押し付けている時期って、1番夫婦ゲンカも多いいし、不満も抱えやすいんですよね。

あぁ、この人らしいなぁーと良いとか悪いとかじゃなくて、その人の本質を見るようになっていて、夫婦として一段階段を登ったなぁと感じました。

 

夫婦って、すごく狭いコミュニティなので、例えばDVがあっても、他人を踏み入れさせなければ解決はとても難しい。これはとても悪い例ですが。

逆に、他人にとっては、よくそれで満足できるねと思えることも、夫婦の間で満足感が得られていたらその夫婦は幸せなんですよね。

だから、SNSとかで夫婦の幸せ自慢とかばかりしている人を見るとこの人本当は、他人からの承認欲求ばかり強くて、本当は不満だらけなんじゃないかなと感じてしまいます。

 

まだまだ結婚して4年なので、これから登らなければならない階段はたくさんあるけれど、他人の目を気にしすぎないように気をつけたいとお思います。