転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

ドラマ『母になる』に感情移入できた母はどれくらいいるの?

今クールのドラマ始まりましたね

個人的に、前クールのドラマはあまりハマれなかったので、今回期待しているところです。

 

と言うわけで、『母になる』観ました。

 

始まる前から、内容はなんとなく知っていましたが、誘拐されていた息子が数年後帰ってくる設定は、『八日目の蝉』みたいだし、題名も、福山雅治の『そして父になる』みたいだし、、、

でも役者さんたちは好きな人が多かったので、このドラマどうなるんだ?!という興味本意で見始めました。

 

最初に、こういうドラマには欠かせない可愛い子役の演技力に驚愕し、、、

沢尻エリカ夫婦の馴れ初めシーンの長さとリアリティの欠如にチャンネルを変えたくなるのをぐっとこらえることに必死でした。

こういうドラマは、リアリティと生々しさが不可欠だと思うんだけどな

 

そして、おそらく、脚本家がリアリティとして入れてきた、母たちの本音の数々が何より1番の興醒めポイントでした。

 

できちゃった結婚式で、独身の同僚と比較してヘコむ新婦

沢尻エリカの旦那の上司の結婚式で、妊婦の新婦が同僚と自分を比較して『彼女たちとは違う世界に来てしまった』と妊娠していることを不安に感じているシーン。。

イヤイヤ、あなたおそらくアラフォーだし、今妊娠できて良かったでしょ。独身もそろそろ飽きて来た頃でしょうが。。。

と心の中で突っ込んでしまった。

こーいうセリフは、20代位の仕事が楽しくなって来たバリキャリ風の女の人や、10代の明らかに

妊娠が早かった女の人が言うことで生きてくるのだよ。

アラフォーでそんなこと言ってるんだったら、母にならないほうがいいよ、あなた。。。

 

熱いラーメンが食べられたことに咽び泣く、沢尻エリカ

この辺はもうあんまり集中し観ていなかったので、沢尻エリカが、子供を旦那に預けて同窓会に行き、ラーメン食べたり、お酒を飲んだりして楽しかっったはずなのに、なぜか泣いていると言う記憶しかありません。

おそらく、子供ができると、お酒が飲めなかったり、ラーメンなんて伸びきってから食べるんだよ、母って辛いよっていう件だった気がします。

ここも、浅い内容だなぁ。。。と

確かに、そんなふうに思っていた時期はあったけど、ほんの一瞬の時期ですよ。

あっという間に子供は大きくなって、お酒ものめるようになるし、ラーメンも食べられるよ。

むしろ、落ち着きのない子供に急かされて、あっついラーメン慌てて食べて口の中火傷しまくりだよ。

そっちの方が、共感を得られると思う。

 

母は辛いんだよアピールがなんだかんなぁと、何度も思わせる内容でした。

そりゃ、辛いこともあるけど、そんな軽いことじゃないんですよね。

子供の成長スピードに合わせて、次から次へと新しい悩みが出て来て、それはもうプロに

相談するしかないっていうくらい1人で悩んでる時間ももったいなくて。あっいう間に子供は大きくなる。ほんと、母は子供の成長についていくのがやっとなんです。

いつか、子供に置いてかれて、育児しかしてなかったら、自分に何も残らないなんて事態だけは避けたいと思う日々。

ラーメンだ酒だなんて小さいことで悩んでないんすよ、世の母は。。。

 

だから第1話の内容は、独身や20代のプレママを不安にさせることには成功したかもしれませんが、すでに育児真っ最中の母たちにはそれはそれは響かない内容だったでしょうね。。。

 

ですが、もう観ないのかと言ったらそうではありません。

 

ラスト数十秒、全てが変わるのです。

 

沢尻エリカにハグされた時の、数年後現れた息子の意味深な表情。

咳をしまくってたのは病死の伏線だと思っていた小池栄子の元気な姿。

母親の職場にいた、ギャルと同棲している沢尻エリカの元夫。

 

こ、これは、一筋縄でいかないドラマのようです。

感情移入とかを目的にしなければ楽しめるドラマかもしれません。

とりあえず来週もチェックです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

子育て中の時短勤務で身を守るために

子供を預けてパートをするようになって、早1年半になります。

1歳半を過ぎてから預けるようにしたからか、わかりませんが、子供の風邪などが理由で仕事を休んだり、呼び出されることは一度もありません。

運が良かったこともありますし、週に3日なので、保育園がお休みの間に体調を整えておけたといいうことも一因かもしれません。

 

今日、お腹の子供の胎動が珍しく朝から弱かったので仕事中に病院に行かせてもらいました。

第1子が、同じく胎動が弱まり緊急帝王切開になったので、念には念を入れてのことでした。

上司も私の気持ちを理解してくれてすぐに病院に行くように言ってくれたのは本当にありがたかったです。

受診の結果、拍子抜けなくらい元気でした。

体の向きが変わって胎動が感じにくくなっているだけでした。

 

今日1日で感じたことは、子供がいると仕事中に不測の事態が起こる可能性が高く、その都度ベストな選択をすることが求められているということです。

会社に迷惑をかけることがあるかもしれませんが、そのためにも日頃の業務態度は気が抜けません。

業務管理を徹底して、自分の身を守ることが大切です。

何から身を守るのか、、、

 

同僚からの厳しい視線

もちろん、理解を示してくれたり、支えてくれる同僚は沢山います。

しかし、私が独身時代働いていた時の独身女性の意見はこうでした。

『出産して育休産休をとって時短勤務までしないと割に合わない』

子育て中の女性社員を支えるのは大抵他の社員です。

悪く言えばしわ寄せといってもいい。

かといって給料が良くなるわけではないので、みんな、自分が実際出産した時に支えてもらうために、今のしわ寄せに耐えているのです。

少しでも、仕事に対して甘い姿勢を見せたり、怠けているところを見られて仕舞えば、溜まっている反感が全てこちらに向く可能性があります。

そのためにも、なるべく自分の仕事はオープンにして、しっかり仕事の頑張っているアピールをします。余裕がある時は他の忙しい正社員をサポートしてもいいと思います。

いつも支えてもらっている感謝と、自分が何かあった時には助けてもあらわなくてはいけなくなった時のために、日頃はなるべく同僚のために働きます。

 

上司や先輩の目

ホウレンソウは新人並みに行います。

特に締めきりがある業務に携わっている場合、相手に不安感を与えると、時短勤務の部下をもう持ちたくないと思われてしまう可能性があります。

そのため、業務の進行状況、今後の予定を毎日でもメールで送っておくといいでしょう。

もし、自分が急遽休まなくてはいけなくなった時も役に立ちます。

また、自分しかしていない業務は、引継書などをタイムリーに作成し、誰でも見れる場所に保管し、自分が休んだ時に、他の人が困らないようにしておくことも大切です。

 

 

こうしたしせいが姿勢、職場環境だけではなく自分の立場を守ることにあります。

 

また、こうしたことができている女性社員を会社は評価してくれますし、時短業務でもフルタイム勤務の人と同程度の成果を出すことは可能だと感じています。

そうなれば、会社も少ない人件費で大きな成果を得られるため積極的に採用に踏み込んでくれたり、人材を大切にしてくれることでしょう。

 

女性のライフスタイルの変化は仕方のないことです。

負担が増えることで、社会体制、会社の体制に文句を言うこともいいですが、自分ができることを最大限にできているでしょうか。

大変かもしれませんが、甘えることなく頑張っておけば自分の身を守るだけでなく、社内での自分の評価を高め、大切な社員として扱ってもらえるため、頑張りどきかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀な学生だった人ほど苦しむ、社会人のホウレンソウ!

新社会人の皆さんは緊張の日々を過ごされているところでしょうか。

私の会社は名古屋支店ということもあり、新人さんたちはみんな東京の本社で研修中。

社内にフレッシュな風が吹き込まれるのは来週に持ち越されるようです。

 

さて、私の隣の席の男の子(26歳・優秀)は今日も元気がありません。

ホウレンソウ不足による、上司・先輩からのお叱りが響いているようです。

 

ホウレンソウが下手な人は、優秀な学生だった人が多いような気がします。

責任感が強く、自分のことは自分で解決させたいという人は学生であれば評価されたのかもしれませんが、社会人になるとそうはいきません。

上司や、先輩から可愛がられる新人は甘え上手な人懐っこい子たちばかりな気がします。

 

今だからわかるホウレンソウのコツをまとめて見たいと思います。

 

余裕がありうまくいっている時のホウレンソウは手を抜いてよし

うまく行っている時ほど、アピールしたい気持ちになりますが、先輩からしたら大したことではないことがほとんどなので、アピールはあまり意味ありません。

余裕がある時は先輩の仕事を手伝いながら勉強するなどの時間の使い方がいいでしょう。

 

締切前、期限に間に合わなそうな時は、なる早で報告

締切前は、仕事の進捗状況と間に合いそうなのかどうかを合わせて報告します。

間に合わなそうな時も、早めに相談することで、手を打てるため、あなたの評価は高くなります。

悪い情報を早めに相談できる人は、上司や先輩から信頼されます。

逆に普段から良い話しかしないのに、蓋を開けて見たらボロボロだったという人は、一気に評価が落ちるでしょう。

 

報告・連絡は、メールと口頭の両方で行う

口頭だけでもいいのですが、忙しい上司や先輩は忘れてしまう可能性があるため、記録に残すためにも、メールし「後ほど直接相談させてください」と一文入れておけば、メールだけで済ます気か!という怒りを買うことが防げます。

 

ホウレンソウには具体的な数値を用いる

仕事が遅れそうなのであれば、どれくらい遅れるのか、しっかり明言しておくことが相手を安心させます。

『あと、数日いただければ完了します』よりも

『あと3日で終わる見込みです』の方がいいです。

数日の捉え方も人によって、様々だからです。

 

ヘルプを出すことは恥ずかしくない。むしろ先輩や上司は待っている!

新人が完璧に仕事をこなすことは期待されていません。

むしろ失敗から学ぶことは多いし、新人のうちにたくさん失敗した人の方が大きく成長している気がします。

でも新人さんは失敗しないように必死なんですよね。

先輩や上司は、お教えたがりな人が多いです。新人さんがヘルプを出して教えを請うことを待っているのです。

 

新人の皆さん

カッコつけずに、甘え上手になりましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

掃除をしなくていいというけれど

育児や仕事、家事で忙しいという状況になると、『掃除はしなくていい』というアドバイスはよくあると思います。

それは、おおらかなママ友だったらり、心優しい旦那さんからの心遣いと思うんですが、

実際、ごちゃっとした乱雑な空間では、心から休むことができないのは私だけでしょうか。

 

子供が散らかしたオモチャ、洗われていない食器、取り込んだ洗濯物、家族が脱ぎ散らかした服、読みかけの絵本や、雑誌の山、

 

たくさんの業務が残っている中、帰っていいよと言われている気分ににている気がします。

今日帰ってやすんだところで、溜まっていく仕事。。。

精神的な疲れは増すばかり。。。

 

家事に関して言えば、少なくとも、目に見えている部分の整理整頓は頑張っって置いた方が自分のためかなとかんじています。

整理された空間で、ソファにゆっくり座りTVを見たり本を読んだりすることが最高にリラックスできるから。その代わり、ソファーのしたの埃や、掃除機に溜まったゴミ、お風呂場の排水溝、などなど目につかないところの汚れは、旦那さんに

週末頑張っていただきたいものです。

 

ゆっくり休むための環境づくりのために整理整頓しやすい住空間を、第2子が生まれる今までに試行錯誤しなくてはいけません。

 

 

怒られたくない人、怒られても仕方ないと思ってる人

全ての人が、このどちらかに当てはまるとは言いませんが、会社勤めを再開して、2パターンの人が存在するなぁと実感しています。

 

特に、私の隣の席の、優秀な2年目の男の子。

頭はとてもよく、知識もあるんですが、社会人はそれだけでは務まらないもの。

最初の難関は、タスクやスケジュールの管理や、先輩や上司へのホウレンソウだったり。

やっぱりその子も、なかなかできておらず、、先日ミスを起こしました。

原因は、業務過多になりスケジュール管理ができなくなったこと。

手に負えなくなった時に

、早めに周囲にヘルプを出せなかったこと。

こまめに先輩に業務状況を報告していなかったことが挙げられます。

 

ではなぜ、それができなかったのか。

 

彼は、優秀なあまり『怒られたくない人』だったのです。

 

誰しも怒られたくないものですが、私の場合、早生まれで小さい時から周りの子たちの方が器用に物事をこなしており、私はなかなかうまくできなかったり、要領が悪く怒られることもしばしば。

そんな育ち方をすると、怒られることは普通のことで、むしろしかられることで相手と仲良くなれるくらいの気持ちです。

早めに自分の弱みを見せて、困った時は助けてもらえる環境づくりを無意識にしてしまいます。いわゆる、末っ子体質ですね。

 

どっちが良い悪いという話ではありません。

 

ただ、仕事をする上で、クライアントや顧客に迷惑をかけなければいい話なので。。。

 

怒られたくない人は優秀な人が多い気がしますが、プライドの高さから甘え下手で、若手の時は苦労しそうな気がします。

 

怒られたくない人が、自分の弱さをさらけ出せる勇気を身につけ、

怒られても仕方ないと思っている人が、ストイックになれば、

双方は、社会人として大きく成長できそうな気がします。

 

新年度の力を借りて

新年度

学生の頃は、教科書やノートが新しくなり気持ちを新たにできる時期でした。

今年こそ、英語を頑張ろう。ノートを綺麗に取ろうと意気込んでいたことを思い出します。

新年度の不思議なパワーに毎年ノせられていました。

社会人になると、年度末は忙しくて、新年度にはフレッシュな新社会人を眩しい思いで眺めていたように思います。

そして、主婦になると、新年度への感慨はほぼゼロ

子供が幼稚園や小学校に通い始めれば違うのでしょうが、春休みは大きな子供たちが公園などで暴れて危なっかしいので、早く春休みが終わらないかなと思う程度でした。

 

今は、子供を非定型で保育園に通わせて古巣でパートにをしているので、例年に比べると、久しぶりに新年度の爽やかな雰囲気に酔いしれています。

今日の名古屋はとてもいい天気で、春の暖かさも感じられることも新年度の気持ちのいい1日を演出してくれていました。

 

3月は、体調も悪く本業も忙しかったので、このブログの更新や、webライティングの仕事をお休みしがちだったのですが、この新年度の気持ち良さを借りて、またがんばろうと思います。

 

手始めにザグープラチナのテストを受けてみようかと。

 

調べてみると、一発合格した人は意外と少ないようなので、ちょっと緊張しますがまたご報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人件費を削減するだけでは脳がない

どの会社も、業績が悪くなってくるとまず考えるのは人件費削減かもしれません。

 

いきなりリストラとはしなくても、残業時間を減らさせたり、1つのプロジェクトの人員を減らしたり。利益が得られないなら、経費を削減するしかないですもんね。

家計を管理するものとして、そこは十分に共感できます。

 

しかし、人件費を削減して、あーよかった!と終わりにしている管理職は無能です。

 

業務時間を減らしたり、人員を減らすだけで、業務量が変わらない、それどころか増える場合もあります。社員はだんだん疲弊していき、ミスも起こるでしょう。メールの送信ミスなどから情報漏洩などを誘発し、会社の信用を落とす自体も招きかねません。何より、社員の不満が溜まることは必須です。

 

ではどうしたらいいのでしょうか。

 

  1. 正社員の人員を削減したぶん、契約社員やパートを雇う
  2. 業務のチェック大使を整える
  3. 業務の無駄をとことん省く

 

正社員の人員を削減したぶん、契約社員やパートを雇う

時給も安く、勤務時間も短く働いてくれる契約社員やパートはうまく使えば、大きな成果産みます。
正社員には、大概的な業務や、本人でなければできない仕事のみをしてもらい、内勤の雑務などや資料の一時作チェックなどは契約社員やパートにやってもらい、正社員の負担をとにかく減らしてあげます。契約社員やパートもプロジェクトに関わる仕事ができるため、仕事へのやりがいを感じることができます。

 

業務のチェック体制を整える

なるべく多くの目でチェックを行います。

2次チェックのみを行う人を設置します。管理職がザルのようなチェック体制でないのであれば、管理職でも大丈夫です。メールもCcやBccをかならず活用します。

 

業務の無駄をとことん省く

現在行なっている業務に全く無駄がないと言い切れる人はどれくらいいるでしょうか。

必要以上に質を保つために何度も修正などを行なっていないか

pcスキルを上げることにより、業務もかなり効率化できます

自分でなければいけない仕事なのか、こうはいや部下に任せられる仕事なのか常に考える

 

人件費削減が業務の効率化につながり、社員の満足度も上がる会社が本当に良い会社だと思います。