転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

責任感を育てる育児 1ー2歳編

2歳に入った頃、やんちゃになってきて、水溜りに飛び込んでいくことや、おもちゃを大切にしないことなど、悩んでいる時がありました。

 

その時に調べた育児法が、今でも残っていて私の育児法の根幹になってきているのでご紹介します。

 

例えば、水溜りに長くつじゃない靴で飛び込んでいく行った時。

一言、「長靴じゃないから、お靴汚れちゃうよ。汚れたら自分で洗うのよ」と声をかけます。

それでも大抵の子は、飛び込んでいきます。

 

家に帰ったら、絶対に自分で靴を洗わせます。

無理矢理にでも連れて行って、洗わせるのです。

もちろん最後の仕上げはママがやりますが、

水溜りに入ったら、靴が汚れる

       ⇩

靴が汚れたら洗わないといけない

       ⇩

洗うのは大変だから汚さないようにしよう

 

 

と学んでくれるわけです。

いまは2歳10ヶ月ですが、ほとんどみずたまりにはスニーカーでとびこまなくなりました。

 

 

お友達のおもちゃをとって、お友達が泣いてしまった時も、

なんでお友達が泣いているのか考えさせ、「どうする?」と自分でかんがえさせます。

どうしたらいいかわからなさそうなときは、「お友達が泣いてるの悲しいね」と気持ちに共感して、行動に結びつけます。

 

なんども繰り返していると、自分で考えて行動できる子になります。

 

ただ横からママが「おもちゃをどうぞしようね」と声をかけていたら

ママの言うことか聞ける子に育っても、自分で考えることができない子になります。

 

小さくても、結構自分で色々考えている子供達です。

 

うちの子にはできないと、決めつけないで、

子供の能力や思いやりを信じて、あげることも大事です。