読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

「できること」でたたかうこと

お早うございます。

昨日1人のクライアントを失った、少し切ないclaire です。

 

昨日ご紹介した本に、フリーランスの戦い方として、やりたい事ではなく、できる事でたたかう事が有効という話をしました。

 

自分にとってできる事をすこし、考えてみました。

 

今まで自分のこーゆーネタの記事なら書けるなと思っていたものは、

育児ネタ

医薬品ネタ

転職ネタ

などでしたが、これは書けるというだけで、自分より書ける人はたくさんいるんですよね。

自分よりすごい人を探したら、いくらでも見つかるし、その人達がいるところで戦おうとしたら、到底かなわないと思ってしまい、戦意を喪失する人も多いと思います。

私だってそうです。

今はあんまり考えないようにして、目の前のことをこなしいているばかり。

 

でも、よく考えたら自分のできることに個性を出すことは可能かなと思い始めました。

 

自分のアイデンティティを思い出して

自分にできることに個性を出すには、自分のことをよく知ることからです。

この、ブログのプロフィールを書くときにも、少し人生を振り返りましたが、0から100まで同じ経歴の人はいないし、似ていても背景は違いますよね。

例えば私はMR経験者ですが、ただのMR ではなく

  • 外資系MR
  • 新薬を売った経験もある
  • 飛び込み営業もやった
  • 上司の嫌がらせもあった
  • 関東で一位になったこともある
  • 転職も経験した

こうしたことを、組み合わせれば、私にしかできないこともあるかもしれない。

 

ただのMRへの転職について、説明できます!というよりも、「女性MRが社内での嫌がらせを克服し、関東で一位の売り上げを上げた方法」を書けるのはそんなに多くないかもしれない。

これがわたしにとっての本当の

できること。

 

弱みも個性

今までの人生で、人よりうまく行かなかったこととか、辛かった経験もあるはず。忘れたい位つらかったりするけど、同じような経験をした人に共感し、理解する事ができることもあります。

できることは得意なこととは限らないのです。

 

周りの友達や家族も戦力

例えば、子沢山の友達がいたり、育児で悩んであの手この手を尽くしているママ友がいたり、社長と結婚した姉妹がいたり、病気になった親がいたら、その経験も自分のものにできる。

近くで見てきたぶん、客観的な情報が入ってるはずなので、しっかり自分に取り込んで、スキルの糧にする事ができます。

 

できることに気付くことから始めよう

自分について、理解していると思っても全然そんなことないんですよね。

意外なとこに得意分野があったり。

そう考えると、新しいことに手を出す時間を、まずは自分を掘り下げることに使って見たほうが有意義だと思います。

意外と自分は単純な人間ではないと驚くのかも。