転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

夫婦として成長を感じた瞬間

土日は仕事モードがオフなので、ブログネタもプライベートな内容になってしまいます。。。

 

子供も寝て、夫婦で特に会話もなくTVを見ていた時に、夫婦として変わったなと感じた瞬間がありました。

キムタクのALIFEというドラマを見ていたのですが、お母さんのオペを心配そうに待つ男の子のシーンを見ながら、旦那に「私が緊急帝王切開になった時も心配だった?」と言ったら、「急いでいろんなとこに連絡しまくってたから、それどころじゃなかった」と言われました。

以前の私だったら、ひどい!もっと心配してよ!と怒るところでしたが、

その冷血的な回答に、旦那らしいなと、1人納得してまう自分がいました。

 

実際は、オペに行く前は、心配そうにしてくれていたのを覚えているし、術後全然動けない私を献身的にケアしてくれたことは今でも覚えています。

でもね、言い方がねー。

ほんとこの物言いで、色々損するんだろうなーと考えていたら、私の沈黙に怒っていると勘違いした旦那が、「ほんと急だったから、仕事の連絡とかも立て込んでてさ」とフォローを始めました。

別に怒ってはいなかったけど、面白かったのでほっって起きました。

 

友達の旦那さんはもっと優しいとか、普通だったらこうするべきとか、自分の中の旦那像を押し付けている時期って、1番夫婦ゲンカも多いいし、不満も抱えやすいんですよね。

あぁ、この人らしいなぁーと良いとか悪いとかじゃなくて、その人の本質を見るようになっていて、夫婦として一段階段を登ったなぁと感じました。

 

夫婦って、すごく狭いコミュニティなので、例えばDVがあっても、他人を踏み入れさせなければ解決はとても難しい。これはとても悪い例ですが。

逆に、他人にとっては、よくそれで満足できるねと思えることも、夫婦の間で満足感が得られていたらその夫婦は幸せなんですよね。

だから、SNSとかで夫婦の幸せ自慢とかばかりしている人を見るとこの人本当は、他人からの承認欲求ばかり強くて、本当は不満だらけなんじゃないかなと感じてしまいます。

 

まだまだ結婚して4年なので、これから登らなければならない階段はたくさんあるけれど、他人の目を気にしすぎないように気をつけたいとお思います。