転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

欲しいものより、必要なものを

暖かくなってきて、そろそろ衣替え&第二子を迎える準備を始めたいなと思い、週末はニトリ

 

午前中は、子供の洋服の整理を

姉からたくさんの子供服のお下がりが回ってきたので、第二子の洋服を買うのは下着くらいで良さそうです。

小さくなり汚れてきた上の子の服は容赦なく捨てられました

 

子供服の引き出しも、一段空にできてスッキリ

 

ニトリでは、増えて溢れてきたプラレールをしまえる入れ物を探しに行きました。

 

その他には、

・カラトリーの買い足し

・塩とお砂糖入れを新しいものに

 

旦那はザ・オモチャ箱を選んでいたけど、いつか使えなくなった時に、他の用途にも使えるようにと、オモチャ箱はNG

ローテーブルの下に隠せるくらいの高さのランドリーボックスを買いました

ローテーブルと同じ白色にしたので、多少見えてしまっても、スッキリしています。

子供も片付けしやすくなって喜んでいるし、溢れていたプラレールをしまっただけで、部屋が広く見える!

 

こうして週末は、やりたいと思ってたことの8割が片付いて、本当にすっきりサッパリ!

掃除や整理って疲れるものだと思ってたけど、自らの欲求により自発的に行うことで、ストレス発散になるんですね

学生時代の私に教えてあげたいです。

 

この週末はたくさん買い物しましたが、全て「欲しいものより必要なもの」でした。

独身時代は、欲しいものを優先的に買ってしまい、結果月末には必要なものが買えなくなり、今よりずっと自由になるお金が多かったはずなのに困窮していることが多かった気がします。

 

欲しいものを買うことにより、自分へのご褒美としたり、ストレス発散と言っていましたが、実際は買っただけで満足してしまったり、最悪罪悪感を感じる羽目になってしまったり、成功した買い物ってあんまりなかった気がします。

 

結婚して、旦那さんの給料で買い物するようになって(私の給料があるときは、全て貯金します)気軽にお金を使うことに気が引けて、欲しいものよりも、必要なものを買うことに意識するようになりました。

最初は難しかったのですが、今では無意識にできている気がします。

 

必要なものを買った余りを欲しいものにあてるのではなく、欲しいものは年に数回だけ本当に欲しいものを買うようにしています。

 

欲しいものを買った後より、必要なものを漏れなく買えた時の充足感は、欲しいものを買えた時よりも大きいと感じています。