転勤族ママ ノマドワーカー始めました

転勤族ママでも、2人育児でも、自分らしく働きたい、キャリアをつみたいと思う日々をつづったブログ

本屋さんが好き!

小さい頃から週末父と出かけるときは、決まって本屋さんか図書館には必ず連れて行ってもらっていました。

オモチャなどはなかなか買ってもらえませんでしたが、本は欲しいと言えば必ず買ってもらっていたように記憶しています。

学生になって1人で出かける事が増えても、定期的に本屋には足を運んでいました。

良く出かけていた街には大きな本屋さんがいくつもあり、用途によって使い分けていた気がします。

 

とくに好きな本屋さんは、足を踏み入れただけでワクワクさせられていいました。

 

ただ単に同じ系統の本や新刊を陳列しているのではなく、テーマごとに陳列してあったり、「この本面白そう!」と思ったらその横にはもっと気になる本があって、周りを見ると世界が広がっていくような錯覚に陥らせてくれるところでした。この本たちを全部読む事ができて、吸収する事ができたら私の人生はどんな素晴らしいものになるんだろうと、可能性にワクワクしながら1、2時間は本屋にいたような気がします。

 

今日は、久しぶりの子供がいない何にもない一日。

午前中はライター業務をしていましたがお昼ご飯を食べて満腹になるとだらけモード。

マズイ、このままでは緩みきった生活が始まるだけだ。。。

そう思い、車で15分ほどの最近できたTSUTAYAと提携した本屋『草叢』に足を伸ばしてみました。

 

初めての本屋さんは、本の陳列の仕方などが自分の好みとあわなかったり、本の探し方に手間取りますが、今日は時間があるのでゆっくり本屋さんと向き合う事ができました。

 

結局最近気になっている株式投資の勉強中に出会ったバフェット様の本(漫画インベスターzを読んでから、様付けしてしまう)と、ライフネット生命会長著の『本物の教養』を買いました。

バフェット様の本は、古いので古本で見つける事ができてラッキーでした。

 

本屋の中にあるスタバでゆっくり読んでいると、ダラけていた精神がミキミキと鋭くなっていき、ぷっつりと切れてしまった私と社会との繋がりをつなげてくれます。

 

日本で生きている以上、会社に勤めていなくても社会を知っていたい、勉強をしていたいと感じています。でなければ、怠け虫が途端に私の脳を支配して1年2年があっという間に経過してしまうのです。

育児だけでも十分に大変な事ですが、私は怠け者なので育児も怠けてだらけてしまう。

だらける余地がないくらいのタスクを自分にあてがわないとならない人間なのです。

育児だけを一生懸命できたらいいんでしょうけどね。。。

 

というわけで、本屋のおかげで怠け虫を撃退できたというお話でした。